【比較】海外FXのレバレッジについて取引所一覧で徹底解説!

レバレッジ

海外FX.com
海外FXのレバレッジって何倍まで?

海外FX.com
レバレッジが高くっておすすめの取引所って?

なんて疑問に思っていないでしょうか?

海外FXでは、レバレッジの制限がありません。

レバレッジが高い程、少ない資金で大きな利益を狙う事が出来ます。

しかしレバレッジが高すぎると、ロスカットされる可能性が高くなるので、注意が必要です。

また業者によってレバレッジ規制のルールなどがあるので、その点も注意が必要です。

海外FXを長年利用している筆者が実行レバレッジの計算方法やレバレッジ取引のコツを丁寧に解説していきます!

この記事をざっくりまとめると・・・
  • レバレッジをかければ、証拠金を担保に自己資金以上の取引が出来る
  • 国内FXの最大レバレッジは25倍まで
  • 海外FXはレバレッジの制限がない
  • ハイレバレッジを上手く活用すれば、少額から大きな利益を出す事が出来る
  • 通貨や口座残高により最大レバレッジが変わる場合あり
  • レバレッジの観点からおすすめの取引所はExness
exness

海外FXのレバレッジとは?

スプレッド

レバレッジとは?
レバレッジとは、証拠金を担保にすることで自己資金以上の取引を行うことが出来るものです。
海外取引所では1~数千倍、取引所によっては条件次第で無制限など非常に高く設定でき、「ハイレバレッジ」な取引が可能です。
株式では数倍、仮想通貨では100倍などですが、為替においては非常に高いレバレッジで取引が出来るのはメリットと言えます。
原資1万円で最大レバレッジが1000倍の取引所を利用するならば、最大で1000万円分の取引が出来るわけです。

国内取引所はレバレッジ25倍

国内取引所は法律で最大レバレッジが25倍となっておりハイレバレッジな取引は出来なくなっています。

海外FX.com
とは言え、最大レバレッジ25倍でもある程度リスクを取ったトレードが出来るため、気にするほどでもないかもしれません。

 

国内FXの法人アカウントでは、1週間ごとに発表される「為替リスク想定比率」に応じて変更され最大レバレッジ100倍までとなっています。

レバレッジの計算方法

計算方法

ここからは実際にレバレッジを計算する方法を説明しておきます。

毎回実行レバレッジを計算する必要はありませんが、なんとなくの数値は分かる様にしておきましょう。

レバレッジに関して勘違いが多いのが、レバレッジ100倍というと毎回レバレッジ 100倍になると思ってしまう人が多いですが、これは違います。

最大レバレッジが大100倍でも、lot調整することで実質的なレバレッジは自分で好きな様に変える事が出来ます。

FXのレバレッジは次のように計算出来ます。

レバレッジ計算式
実行レバレッジ=(現在レート×取引数量)÷口座証拠金
【例】
1ドル=130円
取引数量:10万通貨
口座への入金額:10万円
(130円×10万通貨)÷10万円=レバレッジ130倍
上記の様に実行レバレッジは決まりますが、ユーザーが変動させる事が出来るのは入金額と取引量です。
これによって実行レバレッジをコントロールする事が出来ます。

海外FXレバレッジのメリット

メリット

海外FXレバレッジをかけられる事のメリットを紹介していきます。

ハイレバレッジのメリットは主に以下の2つです。

メリット
  • 少額から増やせる
  • ゼロカット制度のおかげでリスクを取りやすい

    少額から増やせる

    レバレッジの最大のメリットが少額から増やせるというところです。

    ハイレバレッジ」によって資金効率の高い取引が可能で、追証もないためリスクを取りやすいです。

    1万円が原資でもレバレッジ1000倍でフルにレバレッジを活用すれば1000万円分の取引が出来るほど資金効率という面でとてつもない威力を発揮します。

    ゼロカット制度のおかげでリスクを取りやすい

    海外取引所にはゼロカットというシステムが存在し、大きな損失を出しても入金額以上の損失が出るのを防いでくれます。

    入金額以上のマイナスが出た場合、海外FX業者が負担して口座残高を0に戻してくれるため、国内のように追証(借金)が発生せずに済みます。
    極端にゼロカットを狙った悪質なトレードは業者にとって損でしかないので凍結対象になる場合があるのでその点は注意しましょう。

    ゼロカットシステムについては「海外FXのゼロカットシステムについて解説」の記事で詳しく紹介しています。

    海外FXレバレッジのデメリット

    デメリット

    海外FXのレバレッジに関するデメリットについても紹介していきます。

    海外FXでハイレバレッジを用いる事のデメリットは大きく以下の3つです。

    デメリット
    • 通貨ペアによってはレバレッジ制限がある
    • 手数料の増大に注意
    • すぐにロスカットされてしまう

    通貨ペアによってはレバレッジ制限がある

    通貨ペアによってレバレッジが変わってくる事があります。これも取引所によって差異があります。

    ここでは有名取引所のXMを例に説明していきます。

    銘柄 レバレッジ
    基本通貨ペア 1000倍
    GOLD(金) 1000倍
    US100Cash(NASDAQ) 100倍
    OIL(WTI Oil) 66.7倍
    ビットコイン、イーサリアム、リップル 250倍

    また、口座残高によっても、レバレッジが段階的に制限されていくので注意しましょう。

    手数料の増大に注意

    レバレッジをかける分、取引数量を増やすことになります。
    取引数量が増えるという事はもちろんその分、手数料が増えます。

    手数料分だけで全資産の数%のマイナスを持っていかれる場合もあるので手数料負けには十分に気を付ける様にしましょう。

    すぐにロスカットされてしまう

    ハイレバレッジだとすぐにロスカットレートまで達してしまうことがあります。
    もちろんですが、レバレッジが高いほど逆行した時に証拠金維持率が低くなりやすくロスカットに遭いやすくなります。

    レバレッジは持っている資金以上の取引をしているということを忘れないようにしましょう。

    レバレッジをかける時のコツ・注意点

    デメリット

    ここからは、海外FXでハイレバレッジを利用する際の注意点を解説していきます。

    ハイレバレッジは注意点さえ気を付ければ、取引をする上でかなり大きな武器になります。

    必ず注意点を頭に入れた上で取引する様にしましょう!

    ハイレバレッジの注意点
    • 最低証拠金維持を確認しておく
    • 資金管理を徹底する
    • 口座残高によるレバレッジ制限

    最低証拠金維持を確認しておく

    FXには最低証拠金維持というものがあります。

    一定の証拠金維持率を下回ると、その時点で強制ロスカットされます。
    残高が完全に0になるまで耐えられるわけではなく、証拠金維持率が20%など規定の値を下回ると強制ロスカットが行われます。

    資金管理を徹底する

    レバレッジをかけると資金効率はいいですが、資金管理を徹底しないとすぐに資金が尽きてしまい追加入金しないといけないという事態になりかねません。

    ハイレバレッジで大きく利益を狙う手法も存在しますが、資金管理あって成り立つ手法であり闇雲にやっては成り立ちません。
    ギャンブルを出来るだけ減らしてトレードすることは非常に大切です。

    口座残高によるレバレッジ制限

    基本的にどの取引所でも口座残高に対するレバレッジ制限を敷いています。

    段階的にレバレッジが制限されてき、本来提供されるレバレッジを使うことが出来なくなっていきます。

    XMを例に解説します。
    XMではアカウント内で全ての取引口座の有効証拠金を合算した金額が基準値を超えた場合にレバレッジ制限が適用されます。

    口座残高 レバレッジ
    $5~$20,000 1000倍
    $20,001~$100,000 200倍
    $100,001以上 100倍

    海外FX業者の最大レバレッジ比較

    ここからは、海外FX業者の最大レバレッジを比較していきます。

    少額から大きな利益を出した人はなるべく最大レバレッジが高い業者を使いたいですよね。

    実際に海外」FX業者各社のレバレッジを見ていきましょう。

    海外FX業者レバレッジ比較

    取引所 最大レバレッジ
    XM 1000倍
    Gemforex 5000倍
    Axioy 400倍
    TitanFX 500倍
    Exness 無制限
    IS6 500倍
    FxBeyond 1111倍
    FTGT 1000倍
    ThreeTrader 500倍
    EasyMarkts 500倍
    FBS 3000倍
    HotForex 1000倍

    レバレッジの観点から見るとExnessが圧倒的に好条件となっています。

    なんとExnessの最大レバレッジは無制限です。

    次にレバレッジが高い業者がGemforexやFBSです。

    実行レバレッジが高すぎるとロスカットのリスクも高くなるので、実際にはレバレッジ1000倍あれば十分です。

    海外FXのレバレッジまとめ

    海外FXのレバレッジについて紹介してきました。

    適切なレバレッジを使って取引していきましょう。

    最後に、レバレッジについて重要なポイントをまとめておきます。

    スキャルピングの重要ポイント

    • レバレッジを使うことで大きな利益にも損失にもなりうる
    • 資金管理を徹底する
    • 手数料の増大には要注意
    おすすめの記事