【コツあり】海外FXのスキャルピングとは?取引所の選び方も紹介

スキャルピング

海外FX.com
スキャルピングってなに??

海外FX.com
海外FX業者の中でスキャルピングはおすすめなのどこ?
なんて疑問に思っていませんか?

海外FXのハイレバレッジを利用して、スキャルピングをする手法はかなり人気があります。

では、スキャルピングで勝つ為のコツは何でしょうか?

また海外FX業者の中でどの業者がスキャルピングで勝ちやすいのでしょうか?

海外FX歴8年の筆者がスキャルピングでのコツから海外FX業者の選び方までを解説していきます!

この記事をざっくりまとめると・・・
  • スキャルピングとは、数秒〜数分で終える短期間の売買の事
  • スキャルピングは、ハイレバレッジと相性がよく、どんな相場でも利益を出せます
  • スキャルピングのデメリットは取引コストが多くかかる事
  • スキャルピングで勝つコツは、手数料を抑える事と損切り
  • スキャルピングをするのに最もおすすめなのはAxioryのナノスプレッド口座

Axiory

スキャルピングとは?

スキャルピングとは?

短期売買のことで数秒~数分で取引を終える場合が一般的です。

1トレード数時間で終わりますがスキャルピングでは一日に何回も取引します。

一部の国内取引所ではスキャルピング禁止の取引所があります。

しかし、海外取引所ではその点が緩いため海外取引所でのスキャルピングはオススメとなっています。

その他取引方法

その他の取引方法に、デイトレードスイングトレードがあります。

これらはスキャルピングより取引時間が長いのが基本的な特徴です。

その他取引方法
  • デイトレード:一日単位のトレードで、1トレード数時間で終わる
  • スイングトレード:デイトレードより長い水準でポジションを持ち、数日単位でのトレードを行う

スキャルピングのメリット

メリット

スキャルピングには複数のメリットがあり、スキャルピングを基軸としてトレードする人のことをスキャルパーと呼ぶほど一定の層に人気のある取引方法となっています。

ここではスキャルピングのメリットを紹介していきます。

節税方法
  • 一回のリスクが抑えやすい
  • ハイレバレッジとの相性がいい
  • いつでも取引ができ、一回の取引が早く終わる

一回のリスクが抑えやすい

スキャルピングは時間軸が短いため、一回あたりのリスクが抑えやすく損失を小さくトレードすることが可能です。

その代わり、一回で取れる利益も相対的に少なく回数を重ねる必要があるというのは頭においておきましょう。

ハイレバレッジとの相性がいい

スキャルピングは一回のトレード時間が短いため、レバレッジを大きくかけるハイレバレッジの取引と相性がいいです。

国内FXの最大レバレッジが25倍に制限されてます。

海外FXでは1倍~数百倍、1000倍、取引所によってはレバレッジ無制限(条件あり)など利益を大きく狙うことが可能です。

しかし、大きな利益を狙うことが出来る反面、資金管理をしておかないとすぐに資金がなくなってしまうのは要注意ポイントです。

いつでも取引ができ、一回の取引が早く終わる

スキャルピングは上述した通り、短期売買のことで数秒~数分で取引を終わります。

値幅が無くてもトレンド、レンジ相場問わずどんな相場環境でもトレードをすることが可能です。
レバレッジを調整することで、ボラティリティが大きい時はリスクを控えめに抑えられます。

ボラティリティがない時はリスクを取って取引し、幅広く戦うことが出来ます。

スキャルピングのデメリット

デメリット

もちろんメリットだけがあるわけではありません。

デメリットも理解した上でトレードを行いましょう。

デメリット
  • 取引コストが多くかかる
  • ギャンブル性が高くなる可能性がある

取引コストが多くかかる

スキャルピングは一日に何回も取引を行うため、毎回スプレッド分の手数料がかかります。

同じ値幅を最終的に取っているにしても、1回エントリーしたのか10回エントリーしたのかでは大きく手数料の割合が変わってきます。

勝つためには手数料を抑えることを意識すると、普段より少しだけでも利益が増えたりマイナスがプラスへ転じることもあると思います。

上手いトレーダーは圧倒的な技術力があると思われがちです
しかし、上手いトレーダーは取引コストなどを気にするという小さいところから素人との差が生まれます。

ギャンブル性が高くなる可能性がある

スキャルピングはあまりに短期トレードのため、どうしてもギャンブル性が抜けきれません。
良くも悪くもトレードは上か下にしか動かないので勝率は50%ですが、その50%からいかに勝率を上げていくかがスキャルピングの肝です。

海外FX.com
長期トレードならば、長期の時間足を使ったテクニカル分析やファンダメンタルズ分析などを使い、大衆の方向感が一致しやすくなるある程度の方向感を見ることが出来ます。

また、勝率50%と記述しましたが、利確損切に対する手数料割合が高いためエントリーした時点では手数料がマイナスで期待値マイナスの時点からスタートをすることになります。
その点長期トレードでは損切や利確に対する手数料割合が少ないので、比較的期待値が高くなり、ギャンブル性も減少します。

まずは、短期トレードのくせになれるためにデモトレードで修行を行い、資金管理の徹底をするといいかもしれませんね。

スキャルピングに勝つコツ

対処ほうほう

ここまでメリットデメリットを紹介してきましたが、具体的に勝つにはどうすればいいのでしょうか?

結論として、メリットを生かしデメリットを極力抑えることが大切です。

勝つコツ
  • 手数料の低い業者を選ぶ
  • スプレッドの低い通貨を取引する
  • 損切りの徹底

手数料の低い業者を選ぶ

まずは取引所選定から行いましょう。

手数料が高い取引所でスキャルピングを行うメリットはほぼ皆無といっても過言ではありません。
まずは、スプレッドの安い業者を選びトレード環境を整えることが大切で、トレード手法を極めるより先に大事な勝つコツです。

プロのトレーダーは、もちろん手法の改善を日々行っていますが、取引所の見直しなど環境整備も怠りません。

スプレッドの低い通貨を取引する

通貨ペアの中には、デイトレード単位でしか取り切れないスプレッドが設定されている場合があります。
その様な通貨ペアで取引をしてもただ不利なだけでメリットはありません。

スキャルピングをするときは、「USD/JPY」「ERU/USD」「GBP/USD」などのスプレッドの少ない流動性の高い通貨ペアで取引するのが最もオススメです。

損切りの徹底

投資の鉄則として、昔から言われているのが損切の徹底です。

損切が出来ないと無限に資金を減らしてしまい、最終的には破産することになりかねません。

損切を少なくするコツとしては、「待つ」「価格を引き付ける」です。
この二つが出来るだけで、エントリーの精度が上がり損切が少なくなる上に損切幅も小さくすることが出来ます。

スキャルピングのをする際の取引所の選び方

計算方法

条件のいい取引所ってどんな所なの?という方へ向けて取引所の選び方を紹介していきます。

まずは取引所選定をする時に見るべきポイントをまとめます。

取引所選定
  • スプレッドの広さ
  • 通貨数
  • レバレッジ
  • サポート体制

基本的これらは絶対に確認することをオススメします。

スプレッドの広さ

スプレッドの狭い取引所は根本的に利益の多さに直結します。

A取引所とB取引所で、1lotの取引を一日に一回するとします。
仮にスプレッド差が1PIPSあると仮定し、それを年間300日続けると年間300PIPS。金額にして30万円の差が出てきます。

年間の利益が±0だった場合どちらの取引所を使うかで、年間利益がマイナスなのかプラスになるのかと大きな差が出てくるわけです。

これは金額が大きくなるほど顕著に分かります。

通貨数

スキャルピングをするにおいて、見たタイミングで毎回エントリーできるわけではありません。

もちろんタイミングも大事で、タイミングを逃すと期待値の悪いトレードをすることになります。

通貨数が多いと、単純に監視できる通貨が増え取引タイミングも多くなります
初心者の方はあまり触れないかもしれませんが、SP500や日経平均、仮想通貨、商品なども取引所によっては揃っており様々なものが取引できるというのは大きなメリットです。

レバレッジ

レバレッジが少ないと利益の最大化をしたい時に不便を感じることがあります。
レバレッジを最大限かけろというわけではなく、損切幅に応じて適切なレバレッジをかけるべきという話です。

国内取引所では最大25倍と大したポジションを持てないのに対し海外取引所では最大数百倍と大きくポジションを持てます。

その点においても海外取引所間でも差があります。

サポート体制

サポート体制はスルーされがちですが、非常に大切です。

自分の大切な資金をその取引所に預けるわけなので、不安な取引所には預けたくないですよね?

SNSでの評判を調べたり、Googleなどで○○取引所評判と検索して、その取引所の評判がどんなものなのかを使う前に知っておくことは後々のために非常に大切です。

海外FXでスキャルピングにおすすめの取引所3選

スプレッド 比較

ここからはスキャルピングをする上でおすすめの海外FX業者を紹介していきます。

一位:Axiory

Axiory

Axioryは安全性が高く、スキャルピングやEA取引におすすめの海外FX業者です。

約定率は99.99%でスキャルピングが狭いため、Axioryでは取引コストを抑えられます。

特に、スキャルピングに最適なナノスプレッド口座の取引コストは、業界トップクラスの取引コストの安さです。

世界のリーディングカンパニーを目指す、「お客さまの利益の最大化」がAxioryのモットーです。

気になるスプレッドについても見ていきましょう。

Axioryのスプレッド

口座タイプ スタンダード口座 ナノスプレッド口座
USD/JPYスプレッド 0.83pips 0.2pips
EUR/USDスプレッド 0.69pips 0.12pips
GBP/USDスプレッド 1.6pips 0.7pips
EUR/JPYスプレッド 1.01pips 0.33pips

Axioryついて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください

二位:Gemforex 

Gemforex

GEMFOREXは最近人気急上昇中の日本人トレーダーに人気の海外FX業者です。

Gemfoexがスワップポイント運用が一番おすすめな理由が、複数の通貨で買いも売りもスワップがプラスな通貨がある事です。

Gemforexでは、同一口座ないなら、両建てをする事が出来るので、為替損益の影響を受ける事なく、スワップポイントを稼ぎ続ける事が出来ます。

買いと売りどちらもスワップポイントがプラスで長期的にスワップポイントを稼ぐ事が出来る点がGEMFOREXのスワップポイントにおける最大の武器となっています。

また、レバレッジも高く豪華なボーナスを提供している為、ロスカットが起きにくく安定的にスワップポイントを稼ぐ戦略を立てる事が出来ます。

口座タイプ オールインワン口座 ノースプレッド口座 ガチゼロ口座
USD/JPYスプレッド 1.4pips 0.3pips 0pips
EUR/USDスプレッド 1.4pips 0.3pips 0pips
GBP/USDスプレッド 2.0pips 0.8pips 0pips
EUR/JPYスプレッド 1.5pips 0.5pips 0pips

GEMFOREXについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください

三位:TitanFX 

TitanFX

TitanFXのスプレッドはとても狭く、また約定力も非常に高いため、取引コストをとても抑えられる海外FX業者として地位を築いています。

業界Topレベルのスプレッドの狭さに加え、約定力が高い事からスキャ ルパーに人気ですが、スワップポイントも高くなっています。

特に高金利通貨のスワップポイントがかなり高い為、スワップポイント狙いの取引には有利な取引所となっています。

最大レバレッジ500倍で、ボーナスが一切ない点がデメリットとして挙げられます。

またTitanFXでは、他口座や他業者とのアービトラージが認められています。スワップポイントのアービトラージが出来るかもしれません。

気になるスプレッドについても見ていきましょう。

TitanFXのスプレッド

口座タイプ スタンダード口座 ブレード口座
USD/JPYスプレッド 1.2pips 0.3pips
EUR/USDスプレッド 1.1pips 0.1pips
GBP/USDスプレッド 1.6pips 0.7pips
EUR/JPYスプレッド 1.5pips 0.3pips

TitanFXについてさらに詳しく知りたい方は、「TitanFX 評判」の記事をご覧ください。

海外FXのスキャルピング:まとめ

海外FXのスキャルピングについて紹介してきました。

やはりスプレッドは大事なので十分に注意しましょう!

最後に、スキャルピングについて重要なポイントをまとめておきます。

スキャルピングの重要ポイント

  • スキャルピングのデメリットは取引コストが多くかかる事
  • スキャルピングで勝つコツは、手数料を抑える事と損切り
  • スキャルピングをするのに最もおすすめなのはAxioryのナノスプレッド口座
おすすめの記事